デンソーyuriCargoプロジェクト

プロジェクト概要
自主的な交通安全活動として「yuriCargoプロジェクト」を開始。
丁寧な運転を心掛け、地域の安全なモビリティに貢献しましょう!
期間
2020/07~
参加者へのお礼
マイカー通勤用のどこでも駐車券やコーヒーチケット
参加人数(2021/10/11現在)
612人
株式会社デンソーは、これまで交通安全課の主導のもと、業務*だけでなく、通勤(約3万人の社員がマイカー通勤)やプライベート時間の運転も含む、社員の交通事故数の削減に取り組んできました。交通安全ミーティング、昼礼、スローガン、事故の情報共有等「交通事故ゼロ活動」は多岐にわたっていましたが、近年の働き方変革に伴い、2020年度から各現場の自主的な活動に移管されることになりました。

2020年7月に、交通安全課の協力を得て、「デンソーyuriCargoプロジェクト」をデジタルイノベーション室が自主的に開始し、参加者にはコインに応じて毎月抽選でどこでも駐車券やコーヒーチケットなどを提供しています。製作所単位での取り組みでの活用やエコドライブ月間のエコドライブの推進**だけでなく、開発実証での利用など、参加者や他事業部と一緒により使いたくなるサービスを目指し日々アップデートしています。 
2021年前半の参加者のドライブの内、過半数強のドライブは、減点のない五つ星スコアを出しています。
直近のアンケートでは回答者の内、約8割のユーザーが「安全運転意識に変化がある」と回答しています。

*業務中の安全運転活動については、社有車にドラレコを搭載しており、引き続き継続して実施しておりま
す。
**一般的に急ブレーキ、急アクセルの少ないやさしい運転は10%程度の燃費向上に貢献すると言われています。
yuriCargoプロジェクトへの参加・導入・活用、その他の内容に関しても、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

yuriCargo利用規約
yuriCargoプライバシーポリシー